秋田県全域、岩手県南部にて薪ストーブ、床暖房、融雪、赤外線断熱の販売と施工を行っております。当社からのお知らせと施工事例、ショールームのご案内をいたします。
屋根リフォーム&屋根融雪
既存屋根に後施工出来る屋根融雪システム「オンリーワン」は幣社のベストセラー商品ですが、お客様が屋根リフォームや新築の際に屋根融雪システムを検討されているとしたら、屋根下施工の「ルーフサーミック」がお奨めです。

「ルーフサーミック」は赤外線反射構造 特許「AIRINシステム」による抜群の熱効率、高温でも劣化知らずの「テフロンヒーター」で省エネで長期に渡りメンテナンスフリーの屋根融雪システムです。

幣社、秋田雪国科学の関連会社には屋根(板金)工事店「(有)佐藤板金」があり、「屋根板金工事」に専門技術のノウハウを持つ会社です。もちろん屋根の葺き替え工事と屋根融雪装置の工事をセットにした場合は、特別割引が可能になります。

板金屋根の葺き替え、リフォームと屋根融雪をご検討中の皆様、もちろんどちらか一方でもかまいません。また融雪装置までは手が届かないけど、屋根のリフォーム(屋根の葺き替え)時にいまある屋根を補強したい、断熱したい・・・など・・・御見積は無料でしつこい営業は行っておりません。ぜひお気軽にお問合せ下さい。


有限会社秋田雪国科学
本社(横手市) TEL0182-42-1111 FAX0182-42-4460
秋田営業所   TEL018-853-9610 FAX018-853-9615

メールでのお問い合わせは↓
info@akitayukigunikagaku.com

| 融雪システム施工事例 | 2011.02.07 Monday 18:54 |
豪雪での融雪装置の効果
 弊社のある横手市では昨日、観測史上最高積雪を記録致しました。毎日、除雪にご苦労されていることと存じます。また、雪降ろしの事故も連日報道されています。皆様充分にお気をつけ下さい。

融雪システム(ルーフヒーティング、ロードヒーティング)に関して、ホームページからのお問い合わせも増えております。皆様、遠慮なくお気軽にお問い合わせ下さい。

ところで、最近良くお問い合わせ頂くのが「融雪システム、この豪雪でも融けますか?」という内容です。地域に合わせ出力を検討し、施工しておりますので、弊社の融雪システムは、この豪雪下でも充分に効果を発揮します。

ただし今年の豪雪ではスイッチを入れるタイミングで融雪装置の効果に差が出ているのも事実です。雪は積もらせてしばらく放置していると雪質が変化し、融けにくくなります。近年は、暖冬傾向だったので仕方のないことだと思いますが、早め早めにきちんと融雪システムを運転することが大事だとあらためて感じました。

参考までに最近撮影してきた施工事例をご紹介させて頂きます。

kutuzawa
▲1F屋根まで雪に埋もれていますが軒先がはっきりと融雪されているのがお解かりになると思います(2011.1.28撮影 横手市)

hukukomati
▲隣家の玄関(車寄せ)に接する部分のみ軒先からの落雪防止の屋根部分融雪です。屋根の一部分のみ融雪されている状況がわかると思います(2011.1.24撮影 湯沢市)

gousetu
▲手前の屋根は融雪装置なし、奥に見える本屋には屋根融雪システムが設置されています。違いがはっきりとお解かり頂けると思います(2011.1.19撮影 横手市)

takahasi
▲この豪雪でも軒先の融雪効果は抜群で一度も雪下ろししていないようです(2011.1.24撮影 横手市)

umenoki
▲雪害で一番多いのが軒先の破損です。やはりルーフヒーターで軒先の雪対策が出来ていると豪雪でも安心です(2011.1.24撮影 横手市)

guresu
▲屋根融雪装置 設置前は屋根の東面と北面(画像で見えている部分)に雪庇が出来危険な状態でしたが、施工後はご覧の通り安全です(2011.1.19撮影 横手市)

gouseturodo

▲ロードヒーティングで通路だけでも確保が出来ていれば朝の雪寄せもずいぶん楽になります。(2011.1.17撮影 横手市)


★屋根融雪、ロードヒーティングに関するお問い合わせはお気軽にお寄せ下さい

雪国科学秋田県総代理店

有限会社秋田雪国科学
info@akitayukiguni.com
秋田県横手市十文字町
TEL0182−42−1111
FAX0182−42−4460
| 融雪システム施工事例 | 2011.02.01 Tuesday 16:31 |
屋根融雪のお問合せを頂いた大館市M様へ
 1月10日に当ホームページより屋根融雪のお問合せを頂戴した大館市のM様、ありがとうございます。

早速、お問い合わせに返信をさせて頂きたくメールを試みているのですが、ご記入頂いたアドレスのどこかに間違いがあるのか、返信が出来ない状況です。

お手数をお掛け致しますが空メールでも結構ですので下記メールアドレスまでメールを頂ければありがたく存じます。よろしくお願い致します。

info@akitayukiguni.com
| お知らせ | 2011.01.13 Thursday 09:54 |
融雪システムの御見積
 全国各地、大雪の被害が伝えられています。雪でお困りの方も多いことと存じます。幣社の融雪システムもフル稼働でお客様より感謝の声を頂いております。皆様のお役に立てていること、心よりありがたく思うとともに、やりがいを感じる瞬間です。

さて、幣社では秋田県内及び岩手県、宮城県北部などの隣接部を中心に融雪システムの販売施工をしております。

現在、雪で何らかの問題等を抱え、屋根融雪やロードヒーティングなどの融雪設備の導入をご検討中の方、いらっしゃいましたら、雪の積もっているいま、現状を見せて頂き、問題を把握しておくことが最適なプランの提案に繋がります。

御見積は無料ですのでお気軽にご相談下さい。

有限会社秋田雪国科学
| 融雪システム施工事例 | 2011.01.08 Saturday 11:17 |
新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
私共、無事新春を迎えられましたのは、ひとえに皆様の御厚情によるものと、深く感謝致しております。
本年はいっそう心を新たにし、皆様のお役に立てるよう奮闘いたしたく存じますので、相変わらぬご指導とご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


                                                               有限会社秋田雪国科学
                                                                代表取締役 佐藤健

| お知らせ | 2011.01.05 Wednesday 07:55 |
年末年始休業のお知らせ
本年も多くの皆様のご厚情を賜りありがとうございます。
 
さて、本社、秋田ショールーム共、誠に勝手ではございますが下記の通り年末年始の休業とさせていただきます。お客様にはご不便をお掛けし申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

【年末年始の休業】
平成22年12月31日(金)〜平成23年1月5日(水)

1月6日(木)より通常通り営業いたしますのでよろしくお願い致します。
| お知らせ | 2010.12.31 Friday 13:34 |
伐採木無料提供情報
国土交通省湯沢河川国道事務所から伐採木無料提供がプレスリリースされましたのでお知らせ致します。

場所は大仙市神宮寺間倉地内です。
無くなり次第終了です。お申し込みはお早めに。

詳しくは
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/31381_1.pdf

| お知らせ | 2010.10.16 Saturday 21:37 |
屋根融雪のご紹介(軒先融雪編)
屋根融雪でよくお問い合わせ頂くのが「落雪対策としてどの程度融雪すれば良いのですか?」というご質問です。

もちろんお客様の建物の構造や抱える問題点、施工する地域によって個別に検討しなければならないのは当然ですが、例えば秋田市や由利本荘市、大館市など豪雪地帯を除く多くの地域では屋根に降り積もる雪を全て融雪するのではなく、屋根に雪止を取付、雪をしっかり止めた上で、軒先のみヒーターを敷設し融雪することで多くのトラブルを解決することが出来ます。

もちろん記録的な豪雪の場合は雪降ろしなどが必要になりますが、軒先融雪は屋根融雪の基本ともいえる程、有効です。

大仙市や横手市、湯沢市などの豪雪地帯でも軒先融雪により氷柱対策はもちろん、雪降ろしの回数を減らすことも十分に出来ます。

融雪効果をイメージしやすいように施工例をいくつかご紹介します。


屋根融雪軒先8
▲平屋で軒先融雪で氷柱防止と積雪荷重の軽減をしています(横手市内)

屋根融雪軒先7
▲瓦屋根でも施工できます(秋田市内)

屋根融雪軒先6
▲隣の駐車場への落雪対策としての施工です(秋田市内)

屋根融雪軒先5
▲軒先から隣地への落雪対策としての軒先融雪(秋田市内)

屋根融雪軒先4
▲積雪荷重により軒先が折れないように融雪しています(大仙市内)

屋根融雪軒先3
▲店舗車寄せ 屋根軒先からの落雪対策施工例(大仙市内)

屋根融雪軒先9
▲無落雪屋根の氷柱、雪庇対策としての施工例(横手市内)

sekoumae
▲施工前  多くの氷柱に悩まされていました(横手市内)
▼施工後  少し幅の広い軒先融雪で雪降ろし対策も兼ねました。
sekougo


屋根の雪は軒先が最も多く危険です。落雪や氷柱など雪国の屋根の多くのトラブルは軒先で発生しています。

軒先融雪はイニシャルコストもランニングコストも抑えらますし、導入しやすい屋根融雪システムです。

幣社では秋田県内400件以上の施工経験をもとに、お客様のご要望に応じて融雪システムを設計致します。お見積は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

〜薪ストーブ、床暖房、薪ストーブ、赤外線バリア断熱材〜
有限会社秋田雪国科学
本社:〒019-0507 秋田県横手市十文字町上鍋倉字上掵5-31
電話0182-42-1111 FAX0182−42−4460
秋田SR:〒010-0956 秋田市山王臨海町4-6アナザーワン1F
電話018−853-9610 FAX018−853-9615
 
秋田雪国科学のホームページ
http://www.akitayukiguni.com

E-mail info@akitayukiguni.com

秋田雪国科学の社長 佐藤健のブログ










| 融雪システム施工事例 | 2010.05.28 Friday 20:24 |
薪取りツアーC羆地区 開催迫る!
いよいよ明後日は薪取りツアーC羆地区の開催になります。現在、参加者は17組、28名の予定です。天気予報は曇り。現地では大きく3つの山に分け、3ヶ所でチェンソーなどの作業が出来るよう準備が進んでいます。本社でも備品の準備が終わり、明日は食材の買い物、積み込み作業を行ないます。チェンソーや薪割り機の整備もバッチリです。

参加者の皆様、マイお椀お忘れなく!出来ればマイ箸、マイコップもご準備下さいね。

当日を楽しみにしております。安全で楽しい一日になりますようご協力お願い致します。

秋田雪国科学 代表取締役 佐藤健


| お知らせ | 2010.05.07 Friday 21:04 |
薪ストーブ導入の補助金
日は平成22年度の薪ストーブ、ペレットストーブなどの導入の補助金について紹介させて頂きます。

環境省では現在、CO2削減25%という目標に向け様々な取り組みをしています。その取り組みの中で、家庭における灯油などの化石燃料使用の低減と森林資源の保全につながり効果的なのが「薪ストーブ」や「ペレットストーブ」などの木質バイオマス燃料を使用するストーブと位置づけています。

薪ストーブのCO2削減効果については、昨年東北大学より論文が発表されており、薪を作り、運搬するエネルギーを差し引いても「ハイブリットカー5台分のCO2削減効果」があるとされています。

薪ストーブを個人が単独で設置する場合の補助金というのは現在ありませんが、環境省で地域連携温暖化対策導入推進事業というものがありまして、二酸化炭素等排出削減を目的とした地域協議会が削減計画に基づいて地域にまとめて導入するストーブには補助金があります。

弊社も会員として加わっております「秋田木質ペレット普及促進協議会」はこの地域協議会として環境省より認定を受けておりますので、今後、この補助金を今年「薪ストーブ」や「ペレットストーブ」の取り付け(導入)をご検討中の皆様へPRして参ります。

補助金は導入費用の1/3又は10万円が上限になります。

ただし補助の用件として、地域協議会で地域に10台以上まとめて導入する場合となりますし、薪ストーブの導入によりどれだけの二酸化炭素削減効果があるかという基準もあります。

年度内予算内での交付となりますので、予算に限りがあります。平成22年度内に実績報告が提出できれば、工事は後でも大丈夫です。ただし申請は年度初めに(春のうちに)しておく必要があると思います。

今年度薪ストーブ、ペレットストーブの導入をご検討中の方は、ぜひ前向きにご検討下さい。補助金に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
| お知らせ | 2010.04.30 Friday 11:53 |
新着情報!
カテゴリー
リンク
このページの先頭へ