秋田県全域、岩手県南部にて薪ストーブ、床暖房、融雪、赤外線断熱の販売と施工を行っております。当社からのお知らせと施工事例、ショールームのご案内をいたします。
<< 屋根融雪のお問合せを頂いた大館市M様へ | トップページ | 屋根リフォーム&屋根融雪 >>
豪雪での融雪装置の効果
 弊社のある横手市では昨日、観測史上最高積雪を記録致しました。毎日、除雪にご苦労されていることと存じます。また、雪降ろしの事故も連日報道されています。皆様充分にお気をつけ下さい。

融雪システム(ルーフヒーティング、ロードヒーティング)に関して、ホームページからのお問い合わせも増えております。皆様、遠慮なくお気軽にお問い合わせ下さい。

ところで、最近良くお問い合わせ頂くのが「融雪システム、この豪雪でも融けますか?」という内容です。地域に合わせ出力を検討し、施工しておりますので、弊社の融雪システムは、この豪雪下でも充分に効果を発揮します。

ただし今年の豪雪ではスイッチを入れるタイミングで融雪装置の効果に差が出ているのも事実です。雪は積もらせてしばらく放置していると雪質が変化し、融けにくくなります。近年は、暖冬傾向だったので仕方のないことだと思いますが、早め早めにきちんと融雪システムを運転することが大事だとあらためて感じました。

参考までに最近撮影してきた施工事例をご紹介させて頂きます。

kutuzawa
▲1F屋根まで雪に埋もれていますが軒先がはっきりと融雪されているのがお解かりになると思います(2011.1.28撮影 横手市)

hukukomati
▲隣家の玄関(車寄せ)に接する部分のみ軒先からの落雪防止の屋根部分融雪です。屋根の一部分のみ融雪されている状況がわかると思います(2011.1.24撮影 湯沢市)

gousetu
▲手前の屋根は融雪装置なし、奥に見える本屋には屋根融雪システムが設置されています。違いがはっきりとお解かり頂けると思います(2011.1.19撮影 横手市)

takahasi
▲この豪雪でも軒先の融雪効果は抜群で一度も雪下ろししていないようです(2011.1.24撮影 横手市)

umenoki
▲雪害で一番多いのが軒先の破損です。やはりルーフヒーターで軒先の雪対策が出来ていると豪雪でも安心です(2011.1.24撮影 横手市)

guresu
▲屋根融雪装置 設置前は屋根の東面と北面(画像で見えている部分)に雪庇が出来危険な状態でしたが、施工後はご覧の通り安全です(2011.1.19撮影 横手市)

gouseturodo

▲ロードヒーティングで通路だけでも確保が出来ていれば朝の雪寄せもずいぶん楽になります。(2011.1.17撮影 横手市)


★屋根融雪、ロードヒーティングに関するお問い合わせはお気軽にお寄せ下さい

雪国科学秋田県総代理店

有限会社秋田雪国科学
info@akitayukiguni.com
秋田県横手市十文字町
TEL0182−42−1111
FAX0182−42−4460
| 融雪システム施工事例 | 2011.02.01 Tuesday 16:31 |
新着情報!
カテゴリー
リンク
このページの先頭へ