秋田県全域、岩手県南部にて薪ストーブ、床暖房、融雪、赤外線断熱の販売と施工を行っております。当社からのお知らせと施工事例、ショールームのご案内をいたします。
<< 薪取りツアーC羆地区 開催迫る! | トップページ | 伐採木無料提供情報 >>
屋根融雪のご紹介(軒先融雪編)
屋根融雪でよくお問い合わせ頂くのが「落雪対策としてどの程度融雪すれば良いのですか?」というご質問です。

もちろんお客様の建物の構造や抱える問題点、施工する地域によって個別に検討しなければならないのは当然ですが、例えば秋田市や由利本荘市、大館市など豪雪地帯を除く多くの地域では屋根に降り積もる雪を全て融雪するのではなく、屋根に雪止を取付、雪をしっかり止めた上で、軒先のみヒーターを敷設し融雪することで多くのトラブルを解決することが出来ます。

もちろん記録的な豪雪の場合は雪降ろしなどが必要になりますが、軒先融雪は屋根融雪の基本ともいえる程、有効です。

大仙市や横手市、湯沢市などの豪雪地帯でも軒先融雪により氷柱対策はもちろん、雪降ろしの回数を減らすことも十分に出来ます。

融雪効果をイメージしやすいように施工例をいくつかご紹介します。


屋根融雪軒先8
▲平屋で軒先融雪で氷柱防止と積雪荷重の軽減をしています(横手市内)

屋根融雪軒先7
▲瓦屋根でも施工できます(秋田市内)

屋根融雪軒先6
▲隣の駐車場への落雪対策としての施工です(秋田市内)

屋根融雪軒先5
▲軒先から隣地への落雪対策としての軒先融雪(秋田市内)

屋根融雪軒先4
▲積雪荷重により軒先が折れないように融雪しています(大仙市内)

屋根融雪軒先3
▲店舗車寄せ 屋根軒先からの落雪対策施工例(大仙市内)

屋根融雪軒先9
▲無落雪屋根の氷柱、雪庇対策としての施工例(横手市内)

sekoumae
▲施工前  多くの氷柱に悩まされていました(横手市内)
▼施工後  少し幅の広い軒先融雪で雪降ろし対策も兼ねました。
sekougo


屋根の雪は軒先が最も多く危険です。落雪や氷柱など雪国の屋根の多くのトラブルは軒先で発生しています。

軒先融雪はイニシャルコストもランニングコストも抑えらますし、導入しやすい屋根融雪システムです。

幣社では秋田県内400件以上の施工経験をもとに、お客様のご要望に応じて融雪システムを設計致します。お見積は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

〜薪ストーブ、床暖房、薪ストーブ、赤外線バリア断熱材〜
有限会社秋田雪国科学
本社:〒019-0507 秋田県横手市十文字町上鍋倉字上掵5-31
電話0182-42-1111 FAX0182−42−4460
秋田SR:〒010-0956 秋田市山王臨海町4-6アナザーワン1F
電話018−853-9610 FAX018−853-9615
 
秋田雪国科学のホームページ
http://www.akitayukiguni.com

E-mail info@akitayukiguni.com

秋田雪国科学の社長 佐藤健のブログ










| 融雪システム施工事例 | 2010.05.28 Friday 20:24 |
新着情報!
カテゴリー
リンク
このページの先頭へ